オキシトシン③

過激なストレスにされされた人々が体調を崩した際に、

従来通りの医療では満足できず、何らかの代替療法に

たどり着くのは、おそらく、くつろぎと身体的接触よって

ストレスとのバランスをとる必要があると、直感的に

理解している為だとおもわれます。

タッチやマッサージの技術は、何千年も前から様々な文化圏で

くつろぎと安らぎを得る方法として用いられ、皮膚に触るだけの

施術法がある一方で、筋肉をしっかりと揉みほぐすマッサージや

手でそっと圧して筋肉の緊張をほぐすマッサージなど

多くの種類があります。

これらの施術は、それぞれ異なる感覚神経を活性化するので

もたらされる効果も様々ですが、マッサージを受けた大人は

ストレスホルモンであるコルチゾールの値が下がり

不安が軽減される事がわかっています。

マッサージを受けた小人は、受けなかった小人に比べ

明かに気分的に落ち着いて、抑うつや不安が少なく

協調性もあるそうです。

血圧低下・コルチゾールの減少・不安軽減―こういった効果は

マッサージを繰り返し受けることにより、長続きもするそうです。