オキシトシン

英国の研究者が

出産の経過を加速する物質を発見した際に

「早い」と「陣痛」という意味のギリシャ語にちなんで

『オキシトシン』と名付けたそうです。

オキシトシンは伝統的に

出産や授乳との関連から発見されたため

女性特有のホルモンの一つと考えられていましたが

出産・授乳・母性行動だけでなく

多くの機能とも関係があるそうで

男性も女性も、さまざまな状況下で

オキシトシンを分泌します。

その一つが

『適度に温かい環境でリズミカルにタッチされる』です。

女性に限らず男性も、同程度に

オキシトシンを分泌することが

研究により示されているそうです。

                    オキシトシン②